フリーフォントのありがたみを知る

スクリーンショット 2015-04-21 23.35.16

今年になってスクーの授業を受けるようになり、それがきっかけでフリーフォントをよく使うようになりました。

最初はうつくし明朝やさしさゴシック(フリーフォントの中では恐らく定番なのでしょう)を使い始めたのですが、今まで使っていた小塚明朝や小塚ゴシックともメイリオとも違う、ましてやド定番のモリサワ系とも違う雰囲気がとてもよく、「実はもっといいフォントがあるんじゃないだろうか?」と、先日鬼のようにダウンロードしまくっていましたら、半角カナのフォント(ガウプラのたんぽぽとか)の雰囲気が妙に気に入ってしまいました。

その影響なのか、今制作しているポスターのキャッチコピーがひらがなのみのものになりつつあります。
ポスターの題材に描かれているものには、深刻な側面もある(結局は命の問題ですから)のですが、それでもあたたかみであったり、愛おしさであったりという柔らかい感情を表すには、こういった雰囲気のフォントがいいような気がしますね。

大昔、「そんなにコロコロとフォントを変えるな!新ゴとリュウミンだけでデザインできるようになれ!」なんて、当時の上司からよく言われました。
また、「そこにどうしてそのフォントなのかを説明できるか?」とも言われました。
当時はどうしてそんな縛りや面倒くさい説明が必要なのかわかりませんでしたが、今になってそれが大切なことが、やっとわかった気がします……。

習作

White swans
この元画像を……。
 
White swans
こんな風に加工してみた。
 
これは、今度のコンテスト用の習作です。
写真を油絵っぽいタッチにできないかと、試行錯誤しています。
 
元々は、解像度の低い素材を大きな版で使う方法を模索していたのですが、イラストレーターのオートトレースを組み合わせれば、何とかなりそうだなと感じて、実験していると、イラストっぽい雰囲気が出てきたので、これをものに出来ないかと工夫しています。
 
この写真はフリー素材のを使っていますが、実際に提出するものは全く違う写真です。
さて、どんな仕上がりになるのか、自分でも楽しみです。

手を動かさない仕事

test3_001

※画像は記事とは関係ありませんが、コミPo!を久しぶりに弄りたくなったので、前に作った画像を晒してみます……。

あるコンテストに出品しようと思っています。
詳細は後ほどご報告することになりますが、そのためのコンセプトを固めなければなりません。

コンセプトワークというのは、目に見えないものなので、多くの場合は理解されないものです。
でも、何かを伝えるための「何か」を見極めるためにも、そういった「形にないものに形を持たせるために必要なこと」が、誰にも評価されないために軽視されてしまうのは、とても残念だと思います。
自分の今の職場でも、「モノができていればムダなことはしなくていい」という考えが主流なので、自分の懐の中をあさって、もしくはネットでネタを探して、何とかかんとか「でっちあげる」感じで毎日をやり過ごしていますが、それも長くは続かないでしょう……。

で、話を戻しますが、そのために本を読んだりして調べ物をしたり、ネットの声を拾ったりという、形に残らないことをしているところなのですが……、成果物として想定しているものの目的が普段の自分と遠い場所にあるものなので、なかなか難しいかもしれません……。

首から上を使って仕事をするといいらしい

BlueStarショップカード(改)

※画像と本文は関係がありません。

自分で仕事をしていこうと意識し始めてから、今までよりも「何のために作るのか」を意識するようになりました。
 
例えば、名刺を作る場合でも、より印象に残る名刺を作るべきなのか、誠実さを伝えるべきなのか、記載されている情報を伝えるにはどうしたらいいかなど、考えを巡らすと、様々なアプローチが考えられます。
続きを読む

本サイトの方をリニューアルしました!

2015-04-05_bowworks
 
今年のはじめから計画していた、自分の会社(っていっても自宅なんですけどね)のサイトをリニューアルいたしました。
まだまだ説明不足なので、必要なコンテンツを追加しつつ、制作実績なども掲載できるように頑張って行きたいと思います。
続きを読む

エイプリルフールに憧れていたこと

あるエイプリルフールのことでした。
エイプリルフールというものに全く縁がない僕は、その日がそういう日だということを、すっかり忘れていました。
そして、こんなアプリの話をネットのニュースか何かで知り、盛大に騙されたのでした。
でも、その時は恥ずかしかった気持ちこそあるけれど、そんなに悪い気にはならなかったような気がしました。
そういうバカバカしいことが出来るのが、インターネットなんだなーと、逆に嬉しくなっていました。

それから数年後のエイプリルフール、初めてWeb制作の名目て潜り込めた会社では、いろんなサイトのエイプリルフール企画を覗きながら、「この次の年はなにかエイプリルフールの企画をやりたいなぁ」と思って、そのあとコンビニで見つけたFAMOSOをめくりながら、会社の机の上でニヤニヤしました。

ところが、2015年の僕は、「また色んな所が似たような企画をやって、ニュースサイトにまとめられるんだろうな」と、スマートフォンで適当に覗く程度で、たいして記憶に残らない様々なページを斜め読みした程度で、次の瞬間には忘れてしまっていました。

で、帰り際に立ち読みしたFAMOSOで、昔の僕のことを思い出したのでした。

結局紆余曲折あって、当時の会社はその年の10月に退職してしまい、それからそういった企画を立てるだけの機会に恵まれなかったせいもあって、当時感じた憧れみたいなものは消え去ってしまい、「また4/1が来たか」程度の気持ちしかなくなってしまっていました。
そのことを思い出した4/2の夜、僕は少し悲しくなりました。

自分のサイトでそういうことをやればいいだけの話なのかもしれませんが、そういうのとはなにか違うと思うんですよね。
自分のしているビジネスの上で、思いつく限り面白い嘘をついて、まわりを少しでも笑わせたり、面白がらせたりしたかったなと。

でも、今はPVのためにやってる感がして、それが残念になっていったような、そんな感じです。

来年こそは、自分も何かバカバカしいことをやってみたいと、そんなふうに思っています。

BOOTSTRAPのいい感じのテンプレートを求めて

先日の投稿にも書いた「レスポンシブかつシングルページでリッチなWebサイト」をキチンと制作するためにBOOTSTRAPについて自主的に研究を進めているのですが、海外製のテンプレートには、かなり出来のいいものもあって、「これ、自分で作るだけ無駄なんじゃないのか?」なんてことを思ったりします。

いえ、自分で技術を吸収するためには、ゼロからつくり上げることが大切なのですが、すでに素晴らしい完成品があるのを知ると、モチベーションが音を立てて崩れ去っていくんですよね。
でも、探していると楽しいので、ついついコレクションしてしまったり。
そして、ソースを見ながらため息を付いたりしています。

Magister Bootstrap Template
例えば、このテンプレートは、ビジュアル的に求められるものが少ないなら、十分に成立するものですし、写真によっては、これが一番だという選択もあることでしょう。

TheFirmBootstrapTemplate
また、このテンプレートのように視差スクロール(いわゆるパララックスというヤツですね)が実装されているものも少なくないので、実際に自分で作る際には参考にしたいところです(パララックスって、それだけサイトが重くなると思うんですが、モバイルでの表示はやっぱり重くなるんでしょうか?気になるところです)。

こういったテンプレートを沢山ダウンロードして、ソースを見ながらあーでもない、こーでもないと、試行錯誤している時間はとても楽しいんですけど、あんまり長くいじっていられないので、早めに何とかしないといけないなと……。

とりあえず、今月中にパンフレットも含めて5つはサンプルを作りたいなぁ……。

Bootstrap+αでポートフォリオ的な何かを作ったよ

スクリーンショット 2015-03-23 10.58.08
移転前のブログの記事のこの辺からこの辺とかこの辺の話なのですが、以前から言い続けてやや口だけじゃないかと言われかねない状況になっていたポートフォリオのページが、ややまとまってきたのでアップロードしました。
まだまだ未調整な部分もあるのですが、一応メールはここから送れますので、よろしければぜひご利用下さい。
Portfolio BowWorks

また後ほど、作業の間に考えたことと学んだことなどをまとめておきたいと思います。

JimdoとOwndの編集画面を覗いてみる。

Owndのようなサービスで、日本でよく知られているのが、WiXJimdoだと思います。
どちらも国産ではなく、WiXはイスラエル製、Jimdoは韓国製だそうです。

国産でもこういったサービスは、ひょっとすると既にあるのかもしれないのですが、サイバーエージェントのような大手IT企業がリリースしたサービスは、他にはないはずです。
そういった意味で期待が高まるOwndですが、実際の操作感は使ってみないとよくわからないと思います。
そこでKDDIがサポートしていて国内では多くのユーザーがいるJimdoとの編集画面と少しだけ比較してみましょう。

WiXを除外した理由は、レイアウトこそバリエイションに富んでいて綺麗なデザインのサイトが出来そうな期待はできますが、実は既存のテンプレートをチューニングして使うにしても、新しくデザインを起こすにしても、操作が煩雑で初心者には難しいと思えるからです(つまり初心者向けとは言いがたいと個人的には思いました)。

逆に言えば、OwndとJimdoは操作に不慣れな人でも、比較的簡単にコンテンツを編集できる様に思えるのです。

Jimdoの場合

jimdo_sample_002
前の記事でも少し書きましたが、Jimdoの場合、基本的に編集する画面は、全体に公開される画面とほぼ同じものになっています。
今回サンプルで紹介しているのは、僕が作らせていただいたサイトで、名古屋の池下にあるトルコ料理の食べられるスポーツバーのBlueStarさんのWebサイトです。
実際のWebサイトはリンク先を見ていただくとして、そのトップページを仮に編集してみた場合の操作を追って説明しましょう。

JimdoとOwndの共通するところの一つに、文章や見出しなどのパーツを、挿入可能な場所に挿入することで、ページを組んでいくという操作感があると思います。
Jimdoの場合、先に挿入したい場所にマウスを持って行くことで、画像のように「コンテンツを追加」という表示が出てきます。
一見自由度が低く見えるので「思った通りのページなんてできないんじゃないのか?」と思われがちですが、逆にその制限のあることで、コンテンツとして成立しやすくなるというメリットが存在します(個人的にWiXがチューニングしにくそうに感じるのは、この辺の問題もあると思います)。
これはOwndでも言えることです。

jimdo_sample_003
「コンテンツを追加」をクリックすると、画面のように追加できるコンテンツが表示されます。
この画像で表示されている他にもGoogleMapを追加したり、メールフォームを追加したり、様々なSNSへのリンクボタンを表示するなどが「その他のコンテンツ」と書かれている部分に隠れています(クリックで表示されます)。
実はHTMLを直打ちすることもできるので、やや細かい感じのカスタマイズできそうです。

jimdo_sample_001
逆にそのパーツを削除する場合や、位置を変更したり複製する場合は、画面上にわかりやすく操作パネルがありますので、それをクリックするなりドラッグするなりして操作ができます。

このように、初心者でもわかりやすく工夫されているため、試行錯誤していれば操作が身につき、自分で管理することでWebサイトへの愛着も湧きやすくなるというメリットも期待できるでしょう。
Wordpressの弱点は、こういった「取っ付き易さ」が足りないことで、これはオープンソースのCMSに共通する欠点だとも言えます。
最近ではconcrete5というCMSが比較的取っ付き易い感じには出来上がっているようですが(まだ僕自身は使っていないのですが、機会があったら試してみたいと思ってます)、まだまだJimdoのような操作感は実現できていないのではないかなと思います。

Owndの場合

こちらは、試しに制作しているものの管理画面のスクリーンショットです。
ownd_sample_001
Owndの場合は、Jimdoと操作の手順が逆になります。
まず、左のメニューから、追加したいパーツを選択します。
追加できるパーツ自体はあまり多くありませんが、興味深いのはAmazonや楽天の商品を挿入できることです。
楽天の方はちょっとわからないのですが、Amazonの場合はアソシエイトのIDをURLに追記すれば、アフィリエイトなども可能でしょう。
HTMLを直に書くことはできないようです。

ownd_sample_002
追加するパーツをクリックして、マウスを編集画面の方に持って行くと、パーツと同じアイコンがマウスに追随して動きます。
これは「今自分がどんなパーツを追加しようとしているか」がひと目でわかるので、使いやすい機能だといえるでしょう。
そして、その時になって、追加の可能な場所がわかる(追加可能な場所に「ブロックを追加」という表示がされるため)ので、これもわかりやすいです。

ownd_sample_003
パーツを削除する場合は、削除したいパーツにマウスを合わせると、右上にゴミ箱が表示されますので、それをクリックすると削除することができます。
また、画像を準備し忘れたのですが、パーツの上部中央にマウスを合わせると、「クリックして移動」という表示が出て、パーツを移動できるようになります。
これらのUIもとてもシンプルで、わかりやすいのではないかなと思います。

比べてみると……?

比較すると、OwndはJimdoよりも手軽ではありますが、できることは制限されているように思えます。
恐らくそれはターゲットとなるユーザー層の違いもあるのでしょう。
Jimdo自体も、パソコンのスキルやインターネットのスキルの高くない方向けのサービスですが、Owndは更に敷居を低くして、誰にでも利用できるようなサービスを目指しているのではないかなと思います。
ただ、その結果として「かゆいところに手が届かない」感じがするのも事実で、凝り始めるとJimdoの機能の豊富さがありがたく感じるかもしれません。

どちらも無料なので、使い比べてみると面白いかもしれませんね。