memo

Design DollはPoserみたいだけどもっと使いやすかった

スクリーンショット 2015-05-09 00.48.04
以前からの悩みというか、どうにかしたいことの1つに、「人物が描けるようになりたい」というのがありました。
というのも、もうかれこれ25年くらい前の話ですが、僕も美大を目指していた時期がありまして、そのことは一生懸命デッサンをやったりして画力を鍛えておりましたが、ほとんど静物デッサンばかりだった(工業デザインのクラスだったので、人物のデッサンの授業がなかったわけです)んですね。
で、その後まったく絵を描くこともなくここまで来てしまったので、そんな想いがあったわけです。
 
で、結果としてPoserの2を触ってみたり、コミPo!を使ってみたりしてみたのですが、どうも思った感じとは違うわけです。
なんでしょうね、Poserを触っていた頃は、結局変なポーズを取らせて終わってしまいましたし、コミPo!は使いドコロがイマイチわかっていないんです。
で、デッサンの素体にするのに、なにかいいものはないかなと思って探していたら、Design Dollという別のソフトを見つけました。
 
試しに使ってみると、コミPo!よりももちろんポージングの自由度が高いのですが、僕が使ったことのあるPoser2よりは、取っ付き易い感じはしました。
細かく視点を変更して、関節部分を少しずつ動かしていけば、それほど破綻せずにポーズを取ることができそうです。
あと、腰とか胸の部分の動かし方に気をつけると、いい感じで動かせるかなと。
スクショは、先ほど練習がてら作ったものですが、肩を上下に動かしたり、骨盤をもうちょっと動かせたら、もっと自然な動きになりそうな予感がします。
 
ふと、今思ったのですが、人体のデッサンにしても、このソフトのポージングにしても、自分の体の仕組みをちゃんと理解したほうが、いいものが作れそうな気がします。
自分の絵作りのためのパーツ製作が、色々なところにつながっていきそうですね。
こういう関連性が見つかると、作業というのは面白くなっていきます。
 
ちなみにこのソフト、試用版は無料で使えるのですが、使用期限とかが切られていないので、ある程度練習し尽くしたあたりで使えそうなら製品版を使ってみようと思います。

面白そうなソフトを見つけました。

スクリーンショット 2015-05-05 18.43.53

とうとう僕のGWは終わりなのですが、思ったほど作業が進まなかったことと、現在準備中の商品について、法的な問題(僅かではあるもののレンタルサーバーを又貸しするような形になるので、電信事業者登録が必要だということが判明……)が出てきて、方向性を少しばかり変更する(お客様に無料もしくは有料のレンタルサーバーを借りてもらうか、お持ちのプロバイダのサーバースペースにアップロードするか)必要が出てきまして、サービスの内容を若干変更することになりそうです。
 
さて、そんなこんなでバタバタしておりましたが、そんな中で、こんなソフトを見つけました。
3Dのグラフィックを作成するのはなかなか難しいのですが、このソフトは比較的単純そうです。
 
MagicaVoxelという名のソフトで、こちらに詳しい解説や動画が掲載されています。
 
冒頭の画像ですが、操作法を確認しながらいじっているうちに、いつの間にか出来上がったものだったりします。
ところどころ破綻していますが、それでも建造物らしきものがサクッと出来るのは面白いです。
しかもこれ、オープンソースなので、誰にでも使うことができます。
熟練すれば、サンプルにあるようなものも作れるかもしれません。
 
個人的に試してみたいことがあって、それは、これでダンジョンを作って、コミPo!のモデルを合成してみたら、面白いものが出来るんじゃないかと、そんなことを思ったりします。
作品作りは様々な手法がありますから、画材の1つとして、こういうのもありなんじゃないかなと、そんなことを思いました。
 
もっとも、それはもっと自分で使いこなせるようになってからでしょうが……。

選挙の関係者に言いたい

毎回思うのですが、どうして選挙って、こうも毎回騒々しいのでしょうか?
何故、これから通勤ラッシュでヘトヘトになって会社に向かう相手に、ああも無神経に大声でわめき散らかすことが出来るのでしょうか?
何故、昼間に睡眠を取らなければならない人の存在を無視して、街宣車で時代遅れの名前の連呼をし続けているのでしょうか?

いつまで、そんな時代遅れな選挙運動を続けるつもりなのでしょうか?
続きを読む

フリーフォントのありがたみを知る

スクリーンショット 2015-04-21 23.35.16

今年になってスクーの授業を受けるようになり、それがきっかけでフリーフォントをよく使うようになりました。

最初はうつくし明朝やさしさゴシック(フリーフォントの中では恐らく定番なのでしょう)を使い始めたのですが、今まで使っていた小塚明朝や小塚ゴシックともメイリオとも違う、ましてやド定番のモリサワ系とも違う雰囲気がとてもよく、「実はもっといいフォントがあるんじゃないだろうか?」と、先日鬼のようにダウンロードしまくっていましたら、半角カナのフォント(ガウプラのたんぽぽとか)の雰囲気が妙に気に入ってしまいました。

その影響なのか、今制作しているポスターのキャッチコピーがひらがなのみのものになりつつあります。
ポスターの題材に描かれているものには、深刻な側面もある(結局は命の問題ですから)のですが、それでもあたたかみであったり、愛おしさであったりという柔らかい感情を表すには、こういった雰囲気のフォントがいいような気がしますね。

大昔、「そんなにコロコロとフォントを変えるな!新ゴとリュウミンだけでデザインできるようになれ!」なんて、当時の上司からよく言われました。
また、「そこにどうしてそのフォントなのかを説明できるか?」とも言われました。
当時はどうしてそんな縛りや面倒くさい説明が必要なのかわかりませんでしたが、今になってそれが大切なことが、やっとわかった気がします……。

習作

White swans
この元画像を……。
 
White swans
こんな風に加工してみた。
 
これは、今度のコンテスト用の習作です。
写真を油絵っぽいタッチにできないかと、試行錯誤しています。
 
元々は、解像度の低い素材を大きな版で使う方法を模索していたのですが、イラストレーターのオートトレースを組み合わせれば、何とかなりそうだなと感じて、実験していると、イラストっぽい雰囲気が出てきたので、これをものに出来ないかと工夫しています。
 
この写真はフリー素材のを使っていますが、実際に提出するものは全く違う写真です。
さて、どんな仕上がりになるのか、自分でも楽しみです。

手を動かさない仕事

test3_001

※画像は記事とは関係ありませんが、コミPo!を久しぶりに弄りたくなったので、前に作った画像を晒してみます……。

あるコンテストに出品しようと思っています。
詳細は後ほどご報告することになりますが、そのためのコンセプトを固めなければなりません。

コンセプトワークというのは、目に見えないものなので、多くの場合は理解されないものです。
でも、何かを伝えるための「何か」を見極めるためにも、そういった「形にないものに形を持たせるために必要なこと」が、誰にも評価されないために軽視されてしまうのは、とても残念だと思います。
自分の今の職場でも、「モノができていればムダなことはしなくていい」という考えが主流なので、自分の懐の中をあさって、もしくはネットでネタを探して、何とかかんとか「でっちあげる」感じで毎日をやり過ごしていますが、それも長くは続かないでしょう……。

で、話を戻しますが、そのために本を読んだりして調べ物をしたり、ネットの声を拾ったりという、形に残らないことをしているところなのですが……、成果物として想定しているものの目的が普段の自分と遠い場所にあるものなので、なかなか難しいかもしれません……。

首から上を使って仕事をするといいらしい

BlueStarショップカード(改)

※画像と本文は関係がありません。

自分で仕事をしていこうと意識し始めてから、今までよりも「何のために作るのか」を意識するようになりました。
 
例えば、名刺を作る場合でも、より印象に残る名刺を作るべきなのか、誠実さを伝えるべきなのか、記載されている情報を伝えるにはどうしたらいいかなど、考えを巡らすと、様々なアプローチが考えられます。
続きを読む

本サイトの方をリニューアルしました!

2015-04-05_bowworks
 
今年のはじめから計画していた、自分の会社(っていっても自宅なんですけどね)のサイトをリニューアルいたしました。
まだまだ説明不足なので、必要なコンテンツを追加しつつ、制作実績なども掲載できるように頑張って行きたいと思います。
続きを読む