Wikiというもの

Wiki(ウィキ)というと、真っ先に思い浮かべるのがWikipedia(ウィキべディア)だという人が多いのではないかと思いますが、WikiとはいわゆるWeblog(ウェブログ=ブログ)と同じようにホームページを作る仕組みの名前です。
今回はその話を少し書こうと思います。

そもそも、ホームページとはなんだろうか?

さて、ホームページってなんなんでしょうね?
すさまじくざっくりとした説明ですが、ネットワーク上につながったウェブサーバーという場所に保存された一つの、もしくは複数のファイルのことを、いわゆるホームページと呼んでいて、それ制作したり更新するためにはテキストエディタ(まあ、いわゆるメモ帳ですよね)などで、文章にhtmlタグとよばれる特殊なタグを挿入して、htmlファイルというWebブラウザで可視化することができるファイルを記述する必要がありました。
 
しかも、それをFTPクライアントというもので所定の場所に保存する必要があったり、写真を表示する場合はhtmlファイルに写真の保存場所までの経路(パス)を記述する必要がありました。
これがなかなか難解で、僕自身もそれを理解するのに最初は結構な時間がかかりました。 
今でこそ、ホームページを制作することはあまり難しくなくなりましたが、当初は通信回線の速度や様々な問題もあって、簡単な内容のホームページでも時間もコストもかかるもので、制作にかなりのコストがかかったんですね。

静的なホームページからブログへ

「静的な」という注釈を見出しに入れましたが、当初のホームページというものは、アップロードされたファイルをブラウザで閲覧するだけの場合が多く、あったとしてもカウンターがあったり、MIDIファイルの音楽がなったりする程度でした。
ユーザーが自分でファイルを作成してアップロードしない限りは、データを変更したり作成することができなかったわけです。
そういった状態のホームページのことを「静的な」と呼びます。
 
やがて掲示板やアルバムのようなブラウザから入力ができるような仕組みができ、よりできることが多くなりました。
それらのサービスはcgiと呼ばれて、ブラウザから入力した文章を記録して表示したり、画像をブラウザからアップロードして表示したりを自動的に行うことができました。
こういった。わざわざユーザーが自分でファイルを作ったりしなくてもサーバー側で自動的に行うことができるものを、「静的」に対して「動的」とよんだりします。
 
やがて掲示板のように、ブラウザでアクセスして、記事を投稿したり更新する仕組みが普及し、日記をつけるようなシステムが制作され、さらにその日記にコメントをのこしたりトラックバック(関連する記事を書いたという通知)を送る仕組みなどが組み込まれ、いわゆるブログが誕生しました。
 

ブログというCMSの限界

このブログというものが、やがて日記を綴る仕組みではなく、ホームページを管理する仕組みとして認識され、そうした「ブラウザから記事を投稿したり、記事を自動的に管理するもの」を総じてCMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ぶようになり、ブログという日記を書くための仕組みを企業や店舗のホームページを管理する仕組みとして利用するようになりました。
しかし、そもそもは日記を綴るためのシステムでしたので、一般的なホームページを制作するには、様々な改良が必要になり、ユーザーのニーズの変化とともに制作のコストもかなり大きくなりました。
かろうじて新着情報のような記事を投稿することはユーザーにもできますが、新しくバナーを貼ったり、新しいイベントを告知するページを制作するのはユーザーでは対応できず、ユーザーの中には一度も更新することなく利用を諦めてしますケースもあります。
 
一見便利そうな仕組みであっても、自由になる部分が少なく、ユーザーの自分の思い通りにしていこうとすると学習コストが大きくなる。
それが、多くのホームページが抱える問題の一つでもあるのです。
 

Wikiの可能性

さて、ここでやっとWikiについて触れることになります。
ブログが日記なのに対し、Wikiという仕組みは自由帳のようなものだと例えることができます。
Wikipediaを見たことがある人なら理解できると思いますが、ページを自由に制作して、自由にリンクさせることができ、サイドメニューのようなシステムよりの部分でさえも自由に編集することができます。
わざわざhtmlを書かなくても独特な記法を使えば、豊かな表現力を手に入れることがかなり早い時期にできましたし、編集の権限を調整することで、ページによってはビジターにも記事制作を手伝ってもらえるような仕組みを可能にできました。
 
これほど柔軟な仕組みにもかかわらず、良い解説書がなかったことや、ブログの急激な普及によって、あまり注目されずに現在にいたりますが、現在ではフリーミアムなホームページ制作サービス(JimdoやWixのような)の普及でブログ以外の仕組みも注目されるようになってきていると思います。
今だからこそ、Wikiをサイト制作に利用してもいいのではないかと、ふと思いました。

SNSでもご購読できます。

記事検索

記事分類