できることしかできないから

先日から手をつけていた作業に目処がついて、ホッとしているところです。
仕事から帰ってきてから家事をして、作業をして……、そんな感じの日々でしたが、これからはこういった作業に専念できるので、続きの作業も頑張りたいなと思っています。

できることしかできないから

当然の話ですが、できることしかできないんです。
「できないことも努力すればできるようになる」というのも事実は事実なのですが、必ずしもそうかというと違うわけです。
例えば、どれだけ努力をしても、今の医学では若返ることはできません。
老化を抑えることはできるかもしれませんが、例えば45歳の僕が中学生の肉体に戻ることというのはできません。
時間を遡ることもだって、やっぱり今の科学ではできません。
……と、極端な例えを持ち出さなくても、できないことはあるわけです。
 
僕の場合、まあ、一般的なサラリーマンのような生き方というのは、やはり向いていなかったのかもしれません。
それを知りつつ、それでもそれ以外の生き方というのがわからなかったし不安だった。
だから無理だと分かっていても、ついていかなくてはとしがみついていたんですね。
20歳頃から色んな仕事を転々としていたのも、そういった無理があったのでしょう。
だから、転職歴が両手では勘定ができず、足の指も必要になるありさま。

やっぱり、できないことを努力し続けるのは大変で、ストレスもたまります。
もう45にもなると、そのストレスだけで結構しんどいんですね。
 
だから、できないと思うことは、しないようにします。

自分にできることや、自分にしかできないことをマネタイズする。

別に、何もしたくないというわけじゃないんです。
できないことを続けてシンドイ思いを続けるよりも、自分にできることや、自分にしかできないことを、どうにかして食べることや生きることにつなげられないかと思っているんです。
で、自分に何ができるかというと、まあ、今までしてきたことくらいだと思うんですよねぇ。
それをどんな風にマネタイズしていくか。
単純に制作関係の仕事を受けるというだけではなくて、別の何かを考えていかないといけないのでしょう。
そのことについて、これから少し考えたいと思います。

SNSでもご購読できます。

記事検索

記事分類