昨日会社を退職しました

cropped-2016-12-08-06.35.03-1.jpg

みなさん、こんばんは。
前回の投稿にも書いた通り、2016年9月30日をもって、6年間と3ヶ月くらい勤めた、名古屋市にある会社を退職することになりました。
FacebookやTwitterなどでつながりのある方の中のいくらかは、おおよその流れはご存知だと思いますので、そのあたりの話はとりあえずおいといて、これからどうするか的な話を、ちょっと書こうかなーって思います。

6年間勤めてどうだった?

実は、僕の中で一番長い勤務先ということになるんですよね。
僕のようないい加減で飽きっぽい人間(まあ注意欠陥的な気質のせいもありますが)なので、一つの場所にい続けることが、以前はとてもストレスを感じていましたが、年齢を重ねるごとに感じるストレスの量も徐々に減り始めたのかもしれません。
まあできないことはできないんだし、わからないことはわからないわけで、失敗もするよね人間だもん、程度の割り切りで、しんどくてもある程度は乗り越えられるんだなと思えるようになったのは、良かったんじゃないかなと思います。
どなたかのエッセイにあったと思うんですが、「失敗しても命までは取られない」という、そんな一種の悟りみたいなものを、実感として得ることができたのは、大変良かったのではないかなと思いました。
 

で、仕事辞めてどうすんのさ?

まあ、今読み返しても「バカなんじゃないの?」と自分で思ってしまうのですが、とりあえずこんなことを僕は考えているんです。
中の表を引用しますと……。

○年後 その時
の年齢
自分の姿 自分のビジネス
10年後 54歳 和歌山県東牟婁郡太地町に移住。今よりも少しだけ豊かな暮らしがしたい。
自分がその時住んでいる場所のためになる仕事をしたい。
地域ポータルサイト運営のほか、Web配信の独立した映像メディアを作り、地域の情報を配信するビジネスをしたい。
5年後 49歳 10年後、移住する先の役に立てる存在でありたい。
DTPやWEB制作以外で自分に出来る仕事を創りあげたい。
運営する地域観光サイトを、地域ポータルと呼べる規模にしたい。
3年後 47歳 10年後移住する先の9割の人に自分のことを知ってほしい。
まずはWeb制作やDTPなどで、会社から完全に独立して、今と同じくらいの収入を得る。
今までにしてきた仕事の他に、地域観光サイトを運営して、そこからの広告収入を収益の半分程度まで高めたい
44歳 10年後移住する先で1人でも多くの人に、自分のことを知ってもらう。まず自分が稼ぐための仕事と商品を作る。 出来ることをする他に、太地町をモチーフにしたコンテンツをより多くつくる。

この表を作って一年と一月が経ち、結果としてはかなり出遅れてしまっている(退職が遅くなったというのもあるけれど、単純に自分が動けていなかったというのが原因でしょう)ので、それに向かって頑張って自分という人間のもっているリソースと認知度を向上させていかなければなりません。
そのためにできることなら、なんだってしようと考えています。

いつも家にいて飽きない?

我が家は色々な意味で労働力は僕しかいないので、通勤という無駄な時間を使うことなく自宅で仕事ができ、空き時間に少しでも家事ができることもあって、在宅勤務というのはかなりいい選択なのではないかと思っていました。
幸いなことに、あるところから大きめの仕事をいただくことができましたので、まずはその仕事をこなしながら、新しい生活を作っていければと思っています。
もともとインドア人間なので、自宅にいること自体は全然飽きないし、部屋の中にいるのが嫌になったらMacbookもって別のところで仕事をすればいいやと考えております。
僕らの仕事はそれができるはずなんですが、今の社会では選択肢としてはあまりない状態なので、「そういう働き方もアリなんじゃね?」と、これからはアピールしていきたいと思っています。
 

年越せるの?

多分、越せるんじゃないかな……。
 

来年からどうすんの?

まず、今の仕事をキチンと形にしてからの話なのですが、いくつか考えていることがありまして。

  • BowWorksを合同会社にしたい。
  • BowWorksとして販売できるものを作りたい。
    • 小規模な会社や個人事業主のための起業用セット(名刺・パンフレット・ウェブサイト)。
    • 情報商材的なもの(あやしいやつじゃなくてまっとうなものを)。
    • クリップアートなどの素材の配布。
  • 故太地亮氏の研究などをまとめるサイトを作りたい。
  • 現在運営している幾つかのサイトのリニューアルをしたい。
  • 架空の場所の架空のお店の、チラシやホームページから、その場所を想像させるという創作活動をしてみたい

……とりあえず、こんなことをしつつ、いただける仕事をこなしつつ、みたいな感じで頑張っていこうと思いますので、宜しくお願い致します。

SNSでもご購読できます。

記事検索

記事分類