自分の頭の中にあることをビジネスプランに落としこむ

前々回の記事の続きになりますが、自分が10年後までに形にしたいビジネスの形をビジネスプランという形に落とし込んでみました。
前々回の記事ではおぼろげだった部分の形が、より確かな形になってきたと思います。

差別性
(1) あなただから出来るビジネスを。 Web制作やデザインの知識や経験と、特定地域への思いの強さがある自分こそ、この活動をビジネスのレベルまで持っていけると信じています。
(2) 何かが新しい。 今後、過疎化するであろう地域にフォーカスを当てて、その希少性を都市部の人たちに伝えるメディアというのは、あまりなかったと思うし、それがWebメディアとして大きな規模になるなら、他に類を見ないものになるのではないかと思います。
(3) 類似との違いを三つ
(具体的に)
  • 一般的な地域ポータルは地域住民の生活情報に重きを置きますが、主に地域であった出来事や文化や風習を都市部に住む人達へ発信することを目的としています。
  • 一般的な観光情報サイトよりも雑多で独自な内容や、隠し要素を設けることで、より遊べるコンテンツを目標にしています。
  • 個人で活動している動画製作者(いわゆる「YouTuber」的な人)と違い、より地域に密着した情報発信をすることで、地域の魅力を伝えること目的としています。
収益性
(4) 明日から動けますか?
それぐらい具体的に。
現在準備段階で遅い歩みではありますが、徐々に進めているところです。
(5) ニーズ<ウォンツ
こんなのあったらいいなよりもどうしても欲しいという強い欲求
ニーズ以上の需要がないのがネックです……。
(6) ターゲットから収益まで1本の線につなげる

ターゲット→課題→解決→
実行方法→収益

  • ターゲット:太地町に興味を持った人/旅行をしたい人
  • 課題:現地についてしりたいことがある。
  • 解決:他の競合よりも深く幅広い、独自の情報を提供する/ツアーを主催する
  • 方法:Webサイト運営及び動画コンテンツを利用し、ツアー参加者を募る
  • 収益:アフィリエイト及びEC(電子書籍及びグッズ販売)及びツアーガイド
実現可能性
(7) どの程度のビジネス?
数年後の目標
自分以外にスタッフ数名で運営できる程度の規模に。
(8) お金を誰からいただきますか? サイト利用者及び商品購入者及びツアー利用者
(9) 売り上げが上がっても利益でなければ(経営)は続かない。 基本的にサーバー代及びドメイン代及び電気代などなので、初期投資は少ないこともあり、続けていけば徐々に利益は出てくるだろうと考えます。まずは動くことが大切……。
最後に
(10) 「本当にやりたい!」という気持ちを文章にのせる!!! 自分が現地に引っ越して、自分にできることを考えたら、情報を発信して「良さを知ってもらうこと」が最も役に立てるのではないかと感じました。
それを自分の一生の仕事として、これから精進していこうと思います。

ビジネスプラン10箇条を埋めてみた感想

僕には「やりたいこと」はあっても「それで稼げるか」が薄いということがよくわかりました。
そのために、4・5・6・8・9の項目が、とても埋めにくく、とても考えこんでしまいました。
恐らくこれは、今までの人生で、お金というものとのつきあい方というか、関係性を間違えていたからなのだろうと感じました。
この部分は、更にブラッシュアップする必要があるでしょう。
この表は、定期的に見なおして、調整していきたいと思います。


 

近況

前回の記事の続きになりますが、9/13にFacebookページの「いいね!」の数が、とうとう1000人を超えました。
今でも一日に数人程度ではありますが、徐々に増加しています(9/19時点で1037人)。
今では一日数回、記事に「いいね!」を押してくれた人をチェックして、ページ自体に「いいね!」を押していない人を招待する程度になっていますが、それをキチンと続けていれば、増加は続くと思われます。
なお、ページへの「いいね!」が取り消されるケースも若干ありますが、それよりも増加数が多いので、取り立て的にしなくてもいいかもしれません。

SNSでもご購読できます。

記事検索

記事分類