選挙の関係者に言いたい

毎回思うのですが、どうして選挙って、こうも毎回騒々しいのでしょうか?
何故、これから通勤ラッシュでヘトヘトになって会社に向かう相手に、ああも無神経に大声でわめき散らかすことが出来るのでしょうか?
何故、昼間に睡眠を取らなければならない人の存在を無視して、街宣車で時代遅れの名前の連呼をし続けているのでしょうか?

いつまで、そんな時代遅れな選挙運動を続けるつもりなのでしょうか?

僕には不思議で仕方がないのですが、どうして選挙公報に掲載する情報が、ああも稚拙なものばかりなのでしょう?
選挙のポスターも、なんでああもワンパターンで、説明不足なものが多いのでしょう?
どうして候補者のWebサイトが素人がソフトで頑張って作っただけの、説明不足で見難く、時代遅れなものばかりなのでしょう。
※もちろんそうでない候補者も若干はいますが、ほとんどが上記のような候補者ばかりでした。
 
直前に時間をかけることなく、予め準備ができるものが、どうしてこんなに準備されていないのでしょうか?
しかも、それらは専門家にアウトソーシング出来るものばかりです。
選挙をすることは事前にわかっていたのに、何も考えず、なにも備えていなかったのでしょうか?
特にWebサイトはSEOを施すためにも、事前に準備されてしかるべきです。
また、投票前日に、平等に配布されている選挙公報が、ああも軽視されていて、政策がほとんど書かれていない候補者がかなり多いし、書かれていたとしても可読性が全く配慮されてないものが殆どです。

つまり立候補者は、全く自分に投票してくれる地元の住民の方を見ることなく、自慰のような選挙活動を延々と続けているのです。
こういった人たちに、自分たちの住む場所を治めてもらって、本当にいいのでしょうか?
自分の持っている一票を、本当に預けてもいいのでしょうか?
僕にはとても不思議でならないのです。
そんな人達に「お願いします」とはなかなか言えません。
  
 
提案があります。
あなたがもし、立候補されたうちの一人なら、是非、公平なリソースを見なおして、それを活用できるスタッフを確保すべきです。
選挙公報の原稿を、きちんとデザインして最高の武器にしましょう。
選挙のポスターも、同様に誰よりもきちんとコンセプトを考えて作りましょう。
そして、絶対にモバイル対応のWebサイトを準備して、政策をひと目で理解できるようなものを作りましょう。
ブログやFacebookでは、投稿は徐々にひと目で見えないようになってしまいます。
専用のwebサイトを準備すべきです。

もしあなたが、立候補者に近い支援者なら、情報のデザインが出来る人をスタッフに加えましょう。
それで、様々なことの展開が違ってくるはずです。
 
最後に……、もういい加減に、騒音が頼りの選挙活動を終わらせて欲しいです。
世の中には、その選挙期間が苦痛で苦痛で仕方がないという人もいるのです。
生活の多様化で、生活のリズムも千差万別ですし、様々な病気などで静かに暮らしている人たちも当然いるのです。
そういった人たちの存在を無視して、何が「いいまちづくり」なのでしょうか?
 
 
 
 
是非一度、自問自答していただきたいものです。

SNSでもご購読できます。

記事検索

記事分類